ワキガ手術をした友人の体験とワキガ脇汗のこと

2015-03-13_185123

私の古くからの友人で、大人になってから手術をした人がいます。術後に会った彼は、見違える程に自信を持った顔をしていました。
元々彼とは学生時代の友人で、ワキガで匂いが強烈な事で有名でした。といっても当時皆からネタにされてバンバン言われていたので、本人もあまり気にしていない様に見えました。
ただ、一緒に歩いていると知らない人とすれ違う時に「臭い!」と言われたり、クスクス笑われたりしていたので、それらが本人には一番堪えていた様です。
社会人になった時に別の知り合いに手術を勧められ、あれよあれよというまに手術が終わったそうです。
一番興味があったのが術後に変わった事だったので聞いてみましたが、生活は特に変わらない様です。何が一番変わったかと言うと、自分に対する自信だそうです。
今までは電車で隣に女子高生が座ってきたら席を立ったり、人が密集している所には近づかなかったそうですが、術後は全く気にしなくなったとの事です。
ワキガでは無い私からすればなんとも悲しい話ですが、実はそれ程までに悩んでいた事実に軽いショックを受けると共に、ワキガの人が可哀想になってきました。
今は手軽に手術を受ける選択肢もありますので、本当に悩んでいる方は受ける事をオススメしたいと思います。私の友人の様に、これから楽しい毎日を送れる様になりますよ。

 

油断大敵

私は、1年前までワキガで悩んだ事はありませんでした。ところが、昨年の4月に現在の職場へ異動になり、月曜?金曜迄の固定時間の勤務形態から、年中無休のシフト勤務の部署へと生活環境がガラッと変化してしまいました。そのせいなのか体調も風邪を引きやすくなり長引いて治りが悪かったり、生理がやってくる頃になるとまるで前触れのようにワキガで悩むようになってました。

自分のワキガに気づいたのは、午後の仕事中に『ん?あれっ?なんか臭くない?』って独り言をつぶやいてしまう程唐突にワキガを感じたのです。さすがにその瞬間は同様してしまい、とっさにトイレへ駆け込んでどうしたらいいのか考え込んでしまいました。その日はとりあえず同僚に気づかれないように脇汗をこまめに拭ってやり過ごしました。

そして、その日の帰宅途中にドラッグストアへ立ち寄ってワキガ対策の検討をしたのです。改めて脇汗やワキガ対策グッズを見てみると、昔よりも断然今の方がスプレータイプやリキッド・クリーム等のラインナップが揃っていてビックリ!しかも、香りの種類も豊富になっていてワキガ対策しなきゃって暗く焦りの気分が軽くなりました。

 

結局散々迷った挙句選んだ物は、無香料のリキッドタイプでした。なにせ今まで香水も何も付けていなかった人が、急にフローラル等の香りを漂わせていたら、噂好きのおばさま方の陰口の話題をわざわざ提供するようなものだもの。そこで、リキッドタイプならトイレでつけても匂いも音もしないからこっそりワキガ対策できるので助かってます。
それでも、対策を忘れて出社した日に凄くストレスのかかるお客様の対応をしたら、ワキガが臭ってしまい冷汗をかいた日があります。何事も油断大敵なのですね。その日以来、臭いがしてしまいそうなヤバそうな日の朝は、必ずワキガ対策をしています。

 

脇は気になる

多分、わきがって遺伝なんだと思います。私の母もワキガっぽくて、いつもロールタイプの制汗剤を使って、なんとか抑えているようでした。でも、朝にやるのを忘れた日は、母から臭いにおいが!!だから、私も小学生のころから、自分の臭いを気にしていました。小学生のころから、母に勧められて同じロールタイプの制汗剤を使っていましたが、いつも自分が臭いのではないかという強迫観念を持っていました。

1度高校生の時に、友達がふざけて私にバグをして、服をクンクンされた時は本当にびっくりしました。制汗剤の香りがしていたせいか、いい匂いするね!!と言ってくれたんですが。今でも忘れられません。ファッション誌を読むようになってからは、情報を集め、色々工夫をするようになりました。私は多分、弱いワキガと、脇の多汗症なんだと予測しています。当たり前ですが、夏の洋服は、汗染みができない素材を選びます。グレーのTシャツなんで、一番ダメです。

脇だけ汗をかいているのがバレバレで、気持ちが悪い姿になります。あせ脇シートという、洋服につける汗取りは、私の脇汗が多くて、全く役立ちませんでした。今のところのベストな対策は、薬用ロールタイプの制汗剤をつけて、上からスプレータイプをかける。それから汗をかいたら、シートタイプで拭いて、スプレーをプラスします。洋服を洗う洗剤も、脇の匂いや色が残らないような強力ものを選びます。そうしないと、次に着たときに臭いし、脇だけ黄色い色が付いていたりします。手術するとワキガは完全に治せると聞きましたが、やはり怖いのでやめました。今はこんなやり方で毎日過ごしています。

参考サイト:http://www.wakiga-joshi.com/

エイジングケアにアスタキサンチン??

2015-02-04_091031

最近、目の周りの小じわや、シミなのかわからない色素沈着など、肌の衰えを感じるようになりました。
肌を若く保つためにはエイジングケアが欠かせませんがゆっくりお手入れをする余裕もありません。
効率的に簡単なケアを続けるために、エイジングケアについて調べてみました。

以前にも増して美容に関する情報が手に入りやすくなり、インターネットでも美容記事を見かける機会が多くなりました。
その中でも最近気になっていたフレーズがあったのですが、「アスタキサンチン」というのをご存知でしょうか?
エイジングケアに関わる成分ということですので、気になって調べてみました。

アスタキサンチンとは、天然の赤い色素の事で、自然界では鮭やカニなどに含まれるそうです。
なんでも、ビタミンCよりも高い抗酸化作用があるとのことで、肌の老化に繋がる「活性酸素」を取り除く効果が期待できるとのことです。
これを上手く利用できれば、より手軽にエイジングケアができるかもしれません。

アスタキサンチンの簡単な取り入れ方として、化粧品を塗布し肌の表皮に直接作用させるのと、食材から取り入れ内側からの作用を促す方法とあります。
いつものお手入れや食生活をアスタキサンチンの含まれている品で意識すれば取り入れることができるので手軽です。
スキンケアの時間や手間を増やすことなく続けられるので、やってみたいと思います。

参考サイト:http://www.astaxanthin-lab.com/about/

 

エイジングケアは続けていくことが肝心

20代の後半くらいから、肌質が変わってきたことを実感しました。それまでは敏感肌でニキビも多く、化粧品はとにかく肌に優しいものを選んで、必要最低限のものを使っていました。ですが、ある時気がついたら、肌がイチゴのようにブツブツになっていたんです。毛穴が広がっていて、開いている状態でした。鼻の毛穴に汚れが詰まってイチゴみたいになることがありますが、それよりももっとひどい有り様でした。

 

毛穴ひとつひとつが、涙型のようになっているのが分かるんです。ファンデーションで隠そうとしても、毛穴に入り込んでしまい、上手く隠すことができないほどでした。
最初、この毛穴を見たとき、なぜこんなに毛穴が開いているのか分からず焦りました。調べてみると、涙型に広がった毛穴は、年齢肌の特徴とのことでした。エイジングケアにはまだ早いと思っていたのに、肌は着実に年齢を重ねていて、とてもショックでした。
それからわたしはエイジングケアに努力しています。一度出来てしまった毛穴の開きは、なかなか治らず、地道にケアを続けていくしかありません。ビタミンを配合したオイル状の美容液で、保湿しながら美容成分を取り込んでいます。ケアしていると徐々に肌の変化を感じるので、続けることが大切なんだと実感しています。

ワキガが気になるとき

waki-160

高校生くらいのときから自分がワキガ体質であることを自覚して、以来ワキガだと思われないように頑張ってきました。

 

少し汗ばむような陽気のときや、体温が上がる生理前、運動をしたあとや電車の中など、生活していく上で強迫観念があります。

 

匂いがしていないかなと思ってついつい気になったり、他の人がワキガのような匂いをさせていると、自分から出ている匂いじゃないかと心配してしまって、精神的にワキガでない人より余計な不安を抱えているような気がします。

 

ワキガの話題はもちろん、耳垢も湿ったタイプなので、そういう話にたまたまなったりするとヒヤヒヤします。まるで自分のことを言っているんじゃないかと思って、居た堪れなくなってその場から逃げてしまいます。

 

大人になってからは比較的匂いは落ち着いてきましたが、制汗剤は絶対に手放せません。それでも匂いは止められても汗の量は止められないので、まったく汗をかかないと言っている人の話を聞いたり、すぐに汗で変色してしまいそうな薄手の服を着ている人を見ると、羨ましくなってしまいます。

 

自分もそんなふうに洋服を自由に着ることができれば、不自由がひとつ減って楽になるのになと思います。脇汗は出て当然と思っていますが、それを見せることはマナー違反なところが厳しいです。

 

ワキガに関する最終手段として

ワキガに関する最終手段として、実は腋の切開があります。つまりは、腋にある汗の腺を取り除く方法です。

 

アポクリン腺というのですが、これを切除すれば基本的には腋からの臭いを発する原因となる汗は防ぐことができるようになります。

 

ワキガというのは、いくつもありますがやはり腋からのが問題になります。アポクリン腺自体はほかの部位にもあるのですが、基本的にほぼ密封状態にあるような腋に問題があるのは仕方ないです。そこの汗腺を切除すればかなり緩和できる可能性があります。

 

絶対ではないのか、と言われればそうではない、というしかないです。他の汗腺に負担が行くことになりますし、まして、すべてを切除しているわけではないのでまだまだ出る可能性があります。その為、極めて可能性としては高いが絶対というほどではない対策になります。

 

しかし、最も抜本的な解決法になる可能性が高いことも確かです。費用がかかることではありますが、他の一時的な方法よりは遥かにマシであるといえますから、お勧め出来る要素は強いです。ですが、外科手術になりますから気後れする人もいます。それはそれで選択としては悪いわけではないです。切除しないといけない人ばかりではないからです。

レッグマジックサークルでクルクル

ついつい夜食を食べてしまったり夕ご飯が遅くなったりしているうちに徐々に徐々に太っていき、気付いたらやばいことになっていました。

自分でもこれはまずいと思い、主人のすすめもあってレッグマジックサークルを買ってみました。

運動は苦手だし、ウォーキングは段々めんどくさくなってやめてしまいそうだなと思ったのですが、これなら家の中でできるので頑張ってみようと思いました。

レッグマジックサークルはペダルに足をのせて上下左右に開いたり閉じたりしてふくらぎや太ももの内側などを引き締めるというものです。

また回転することでウェストにも効くというものです。これが意外ときつくて最初のうちは筋肉痛になったりしましたが、続けていくと一日20分くらいはできるようになりました。

20分もやり続けると汗だくです。広告にあるような一か月でマイナス5キロみたいな効果はありませんでしたが、地道に週3日はやるようにして、半年で5キロほどやせました。

テレビを見ながらできたのでなんとか続けられたと思います。やせるだけでなく筋肉も程よくつくので、ふくらぎの見た感じも良くなったかなと思います。

最近やめてしまっていたのですが、また夏に向けて再開しようかなと思っているところです。

ダイエットはバストアップの大敵 脂肪分をしっかり取ろう。

2015-03-10_223947

いまどきの女性というものは、ダイエットをして体をスリムにしたがるようなケースが増えています。
ですが、それは胸を大きくするためにはかなりまずい行為なのはご存知でしょうか?
胸というものは脂肪分が大きくかかわってきます。 それはなぜなのでしょうか?

1 胸の構成の9割は脂肪分でできている
まず、胸というものは約9割が脂肪分でできています。
胸の多くを占めている成分をダイエットによって減らしていってしまいますと、胸についていただかないといけない脂肪分の絶対量が不足してしまいます。
脂肪分の十分な摂取が胸の大きさにかかわってくるのですが、ダイエットによって必要な脂肪がなくなると胸は大きくならないのです。

2 ダイエットによるホルモンバランスの乱れ
また、ダイエットは栄養分が絶対的に不足してしまいがちですので、ホルモンを作るための栄養素も不足しがちです。
特に女性ホルモンを作れないと、女性らしい体を作るための要素がどんどんなくなっていき、胸の成長にも影響が出ます。
また、ダイエットはストレスをため込みやすい原因にもなりますので、ますますホルモンの乱れが起きてしまいます。

ダイエットもいいのですが、胸を大きくしたいという方はダイエットは控えた方がいいでしょう。

バストアップの道は遠く垂れる道は近い

バストアップの道は険しく遠いのが現実です。単にトップサイズを大きくするには太る事が近道ですがカップサイズが変わらなければバストアップしたとはいえません。一度太らないいとバストアップは無理という人もいますが、太った後で痩せる自信のある女性だけが試して後悔しない方法です。

一度太るとなかなか痩せられない人がバストアップの為に太るのはハイリスクローリターンです。それよりもブラジャー着用時にバスト全体を確実に包む様にしてサイズも丁度良いものを選ぶ方がまだ無難にバストアップできるでしょう。しかしある程度以上のサイズがある人は垂れない様に注意しないといけません。

バストアップには垂れずに美しくはるという意味もあります。折角おおきなバストもケア無しでは簡単に垂れます。特にスポーツする時にサポート力の弱いブラジャーをしていると簡単に垂れます。通勤でも階段を走ったりする時には同様の問題が起こります。

見せる時にはサポート力の小さい方が魅力的でも日常生活やスポーツの場には向きません。バストが大きめの人は一度垂れ始めると、その傾向は続きます。ブラジャーで支える事はできても垂れ始めた胸を上げる事は不可能に近いので注意が必要です。

顔のニキビとほうれい線

2015-03-13_185123

顔のニキビが増える一方で減りません。食生活が少し偏ってるのかと思い、あまり食べなかった魚や青緑の野菜を食べるようにしたんですが特に変わりません。時期も関係してると思いますが顔の乾燥が酷くておでこのシワやほうれい線が目立ってきました。

まだ20代なのでこんな肌では恥ずかしくて外に出歩けないです。ニキビが潰れてしまったりわざと角栓をいじって出してしまうので、それが原因なのかなぁと思いますが顔を洗うたびや頬杖をついたときに癖でいじってしまいます。

皮膚科へ行って薬も貰いましたが顔の脂でテカテカしたり脂が出てきてニキビがかなり赤く膨れ上がるので肌に合っていないと思って使うのをやめてしまいました。洗顔したあとの化粧水を変えて2週間ほど使ってみましたが特に変化はなくまた化粧水を買い直す、の繰り返しです。

乳液も塗ると顔がベタついて洗い流したくなるので滅多につけることはなくなりました。病院に行ってもよくならず、洗顔を変えても特に変わらず、食べ物を改善しても変化はみられず、どうしたら治るのかわかりません。

顔はなるべくいじらないようにして春?夏になるまでは最低限のケアをしていきますがほうれい線も増えるようでしたら病院に通い続け、強い薬を処方してもらって集中して治していこうと思ってます。

 

ニキビに悩んでいた私

私の肌トラブルに関する話です。
肌に、ニキビや黒ずみ、シミといった問題が社会人として働くようになってから増えてきました。
ストレスの中で生きているのからおでこにはニキビができ、鼻の穴には黒ずみが見えるようになってきました。
気になるまでは、お肌のケアは全くしていませんでしたが気になりだしてからはこまめに洗顔をし美容液をするようになりました。
洗顔なども、初めて使う為最初は肌に合わないものにあたり乾燥肌や肌荒れをおこしたりしました。
ですが、自分にあった洗顔などを見つけてからはニキビや黒ずみが解消されるようになりました。
1番大事なのは自分の肌にあったものを使う事だと、皮膚科の医師にも言われていましたので根気よく、サンプルテストを繰り返したりしました。
自分にあったものにたどり着くまでに正直、3ヶ月はかかりました。
最初は乾燥肌や肌荒れをおこしましたので、途中で断念をし肌をつつくのはやめておこうとも思いました。
ですが、1度肌荒れやニキビなどに悩んでしまったら自然に回復する事が難しい事もあり真剣に肌に向き合う覚悟も出来たんじゃないかなと思います。
今は、美肌のケアにも興味を持っていますのでまた1から自分の肌にあったものを探してみるつもりです。

脇のにおいが気になる方は、デオナチュレが必須。衣類も気を付けた方がいい!?

ワキガ対策

中学生の頃から脇のにおいが気になり始め、そのころからスプレー式制汗剤や、ロールオンタイプの制汗剤を使っていました。
ですが、香り付きの制汗剤を使うと、自分の脇のにおいと混ざって、それはそれでくさい・・・。
本当に脇のにおいは悩みのタネでした。
社会人になってから、デオナチュレ ソフトストーンという脇に直接塗るタイプの制汗剤を初めて使ったところ、脇のにおいがほぼ気にならなくなりました。
ただ、塗りムラがあると、そのムラから容赦なくにおうので、ケチらずにじゃんじゃん塗っています。
あとは、衣類に気を付けるようになりました。
高校を卒業後、アパレル販売員をしていて、いろんな素材の衣服を着ていました。
しばらくして気づいたのは、化学繊維の衣類はにおいやすいということ。
ポリエステルやアクリルのものなどは、通気性が悪く、においがこもりやすく付きやすい気がします。
とくに、某ファストファッションが冬場に売り出すようなあったかインナーは、すぐにおいがつく。デオナチュレを塗っていても少しだけ気になります。
なので、化学繊維の衣類は、シーズンが終わったら思い切って処分します。
ただ、基本的には綿や麻の自然素材のものを着るようにしています。その方が通気性も良いし、においません。

 

脇の匂いはまあり自分では気づかない

わたしは普段あまり脇汗の臭いに気づかないのですが緊張したりカフェインを取りすぎたときなどにとくに脇汗の匂いが気になります。普段は全く気にならないのですがその時に限って気になるので(自分はワキガではないのかな?)と少し不安になったりもしますが常に匂いが気になるわけでもないので今のところワキガでは無いと思っています。

それでもたまにものすごく脇汗の匂いが気になるのでその時ばかりは不安になってシャワーを浴びたり脇だけをお湯で濡らしたタオルにソープを染みこませて脇を念入りに拭き取ります。脇の匂いはほんとに自分では気づきにくいので周りに不快な思いをさせていないか急に不安になったりするのでなるべく注意をして外に出るときは必ず脇の汗を拭き取ってから出かけるようにしています。自分では気づかないのでなかなか対処が難しく過敏になりすぎて夏場はしょっちゅう脇を拭き取ります。

 

そうしたにも関わらず匂いが気になる時があるので外に出かけて人に会うときは細心の注意をして出かけます。できる限り周りに不快な思いをさせたくないので外に出るときはいつもドキドキしながら出かけています。意識するあまりそれが原因で余計に脇汗をかいてしまったりすることもあるのでそのときは本当にどきどきします。